公開履歴
ブラシを持っている女性

水虫は人に感染しやすく、治るまでに時間がかかる病気として知られています。感染すると痒みや痛みなど辛い症状を伴うことになるため、予防方法や治し方をきちんと知っておくことが大切です。

水虫の原因となる白癬菌は垢とともに床に落ちてしまうため、他人に感染する原因になることがあります。白癬菌は真菌の一種であり、生命力が強いので皮膚から剥がれ落ちても長時間生き続けることができます。足に菌が付着するとやがて皮膚の中に侵入し、水虫に感染してしまうということです。

白癬菌が最も落ちやすいのは入浴後であり、ふやけた皮膚からマットやタオルなどに付着します。家族から感染することが多いため、感染を広げないためのポイントを確認しておきましょう。まずバスマットやスリッパなどの共有に注意が必要です。バスマットやスリッパは直接素足に触れるものですし、湿っていることも多いです。菌が存在しやすい場所ですし、必ず個人のマットやスリッパを使いましょう。

素肌に触れるものはこまめに日光を当てて乾燥させることも大切です。高温多湿の環境では白癬菌が増殖しやすくなります。しっかりと乾燥させて清潔に保つことにより、菌の増殖を抑えることができます。また、家の中のゴミや埃の中に菌が存在することもあります。清潔に保つことで白癬菌の増殖を抑えることになります。

日本では家以外の場所でも靴を脱ぐ機会が多いです。温泉や銭湯、プールに行く時には靴を脱ぐことになるので注意が必要です。水虫を予防したいという場合、共用のマットや共用のスリッパなどを使わないようにしましょう。他人が素足で接するものには白癬菌が存在することが多いため、マットやスリッパなどは持参した方が無難です。

水虫は靴下を履いていても感染しますが、履いている方が感染の防止に役立ちます。ウール素材のものや綿素材のものなどは通常の靴下よりも菌を通しにくいとされています。しかし、長時間靴下を履いている場合、足が蒸れて高温多湿の環境になってしまいます。白癬菌が増殖しやすくなるため、通気性を良くすることが大切です。

水虫の感染を広げないためには早めに完治させることが大切です。気になる症状が出たら早めに病院を受診し、適切な治療を受けていきましょう。また、薬で治療するだけでなく、足を清潔に保つことも重要なポイントです。

水虫の治し方について知っておくことも大切です。ラミシールは爪水虫に有効とされる治療薬であり、テルビナフィンを有効成分としています。テルビナフィンには白癬菌の増殖を抑える効果があるため、服用することで体の内側から症状を改善することができます。

ラミシールは幅広い効果が期待できる治療薬であり、水虫の種類に合わせて異なるタイプがあります。飲むタイプと塗るタイプ、スプレータイプなどがあるため、病院で最適な治療薬を処方してもらうようにしましょう。

一般的な水虫の治療には塗るタイプのラミシールが使われることが多いです。こちらは飲むタイプとは異なり、薬局やドラッグストアなどで市販されています。処方箋が不要なので手軽に購入できますし、病院で処方されているものと有効成分は同じなので期待できる効果も同じです。しかし、服用方法や注意点などが気になる場合、病院で処方してもらった方が良いかもしれません。

症状が出ていなくても白癬菌が潜んでいる可能性はあります。そこで塗るタイプのラミシールは足の指の間や足裏、側面など足全体に塗ることが大切です。塗るタイプの薬は塗った部分の菌にしか効果が出ないため、塗り残しがあると再発しやすくなるので注意しましょう。症状が進んだ爪水虫は塗るタイプの薬では効果が出にくいこともあります。その場合は飲むタイプの薬がおすすめです。